いいねしよう10月の過去記事

オステオスペルマム

キク科 Osteospermum属

Osteospermum  

〔基本情報〕
一年草~低木までありますが、日本で流通しているものは多年草です。
葉はふつう互生し、羽状に深く裂けるものや、長楕円形~へら形で全縁となります。
茎先に頭状花序を単生または散形状~散房状につけます。
花序の周囲につく舌状花は、白色、紫色、桃色などで、種子ができます。
中心の筒状花は黄色、紫色などで、種子はできません。
総苞は1~3列からなります。
花は晴天で開き、曇りや夜は閉じます。
果実は痩果で、冠毛はありません。
ディモルフォセカによく似ており、総苞片の数や筒状花の稔性などで区別しますが、両者の交雑品種もあるため、区別は難しいです。

〔栽培〕
増殖は実生、挿芽によります。
霜が降りない地域であれば戸外越冬可能です。
日当たりと水はけ、通気性のよい肥沃な土壌を好みます。
水やりは過湿にならないよう注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
長雨の時期は鉢植えは雨のあたらない場所に移したほうがよいです。
施肥は春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
花がらや枯れ葉はこまめに摘みます。
春の花が終わったら、1/2~1/3の高さまで切り戻すと夏越しがしやすくなります。
病虫害としては灰色かび病、アブラムシがあります。
名前 オステオスペルマム
花咲く季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 南アフリカ~アラビア、セントヘレナ島
生活型 ? 一年草、二年草、多年草、低木
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ディモルフォセカ
植え付け(または播種)季節 ? 6月、9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁、波状、鋸歯
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 橙、黄、紫、桃、白、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? グラウンドカバー、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 灰色かび病
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 14373
検索サイトの検索キー ? オステオスペルマム