秋咲きのアマリリスnewインスタ11月の過去記事

エゾギク

キク科 サツマギク属

Callistephus chinensis

〔基本情報〕高さ20~100cmほどの一年草。
茎は直立して、枝分かれします。
葉は互生し、卵形で、葉の縁が不規則に切れ込みます。
茎の上部の葉はへら形になります。
茎先に径3~5cmの頭状花序をつけます。
花の形や色が多彩です。
総苞片は多列で、外側のものが葉状になります。
果実は痩果です。

〔来歴〕ヨーロッパへは1730年頃、日本へは江戸時代中期に渡来しました。

〔栽培〕増殖は実生によります。
発芽適温は15~20℃です。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
日当たりが悪いと間延びしたり花つきが悪くなります。
水やりは過湿にならないように注意し、鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施すほか、月1回即効性化成肥料を株元に施します。
枯れた花や下葉はこまめに取り除くようにします。
連作障害をおこすので、一度植栽した場所ではその後5~10年は植えないようにします。
病虫害としては萎凋病、立枯病、斑点病、さび病、ウリバエ、シンクイムシ、ハモグリバエ、アブラムシ、ヨトウムシ、センチュウなどがあります。
名前 エゾギク (蝦夷菊) 、アスター 、サツマギク (薩摩菊)
China aster、annual aster
花咲く季節 ? 6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? 中国
ハーディネスゾーン ? 2a〜11b
生活型 ? 一年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 200〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ? 赤、黄、青、紫、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ
病害 ? 萎凋病、立枯病、斑点病、さび病、ウリバエ
虫害 ? シンクイムシ、ハモグリバエ、アブラムシ、ヨトウムシ、センチュウ
日本花き取引コード ? 15421
検索サイトの検索キー ? エゾギク