ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

アデニウム

キョウチクトウ科 アデニウム属

Adenium  

〔基本情報〕肥大した茎をもち、多肉植物としてしばしば観賞用に栽培される低木状の多年草。
茎の下部がふくらみます。
葉は互生する単葉で全縁です。
茎先に散房花序を出し、数個の花がつきます。
花冠は先が5裂して、基部は筒状になります。
萼は披針形に5裂して基部が合着します。
雄しべは4個あり、花筒の下部に合着します。
果実は2分果からなる袋果で多くの種子を含みます。

〔栽培〕増殖は挿木、取木、実生によります。
実生で増やしたものは幹が太りますが、挿木・取木したものはあまり太りません。
日当たりと水はけのよい土壌を好みます。
耐暑性、耐乾性があります。
寒さには弱いので、断水して落葉・休眠させ、10度以上を保てる場所で冬越しさせます。
春から秋は風通しと日当たりのよい場所に置き、土が乾いたらたっぷり水を与えます。
日当たりが悪いと徒長します。
梅雨どきは過湿を避けるため水やりを控えます。
施肥は春から秋におこない、少量の緩効性化成肥料または月に1回程度、液体肥料を施します。
病虫害としては軟腐病やハダニ、アブラムシなどがあります。

〔備考〕美しい花が咲くものが多く、特に「砂漠のバラ」と呼ばれるものが有名です。
強心性の有毒成分を含むことで知られています。
名前 アデニウム
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月、9月
分布または原産地 ? アフリカ東部、ソコトラ島、アラビア半島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月、7月、8月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散房花序
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、取木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 軟腐病
虫害 ? ハダニ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 56122
検索サイトの検索キー ? アデニウム

「アデニウム」への投稿写真