筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

カラミンサ

シソ科 クルマバナ属

Clinopodium  

〔基本情報〕観賞用あるいはハーブとして栽培される多年草。
葉は対生する単葉で、ミントに似た香りがあります。
茎先に輪散花序を出し、白、ピンク、淡紫色の小さな花をつけます。
花は2唇形です。

〔利用〕葉を薬用、ハーブとして利用するものもあります。

〔栽培〕増殖は実生、挿木、株分けによります。
日なた~半日陰で育ちますが、日当たりがよい方が花つきがよく株も締まります。
水はけと通気性のよい土を好みます。
乾燥に弱いため、鉢植えの場合は土の表面が乾きはじめたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は根づいた後はほとんど必要ありませんが、夏場に葉がしおれていたら水やりをします。
早春と秋に緩効性化成肥料を株のまわりに施します。
病虫害は特にありません。
名前 カラミンサ
calamint
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 北半球
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月、11月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花のつき方 ? 輪散花序
花の色 ? 紫、桃、白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
有用 ? 薬用
検索サイトの検索キー ? カラミンサ