筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

スタペリア

キョウチクトウ科 スタペリア属

Stapelia  

〔基本情報〕
多肉質の多年草。
茎は太く、4稜があり、稜の上に粗い歯牙があります。
葉は退化して、ほとんど見られず、あってもすぐに落ちます。
花は若い茎につき、星形に5裂するものが多く、毛が密にはえるものもあります。
腐った匂いを放つものが多く、原産地ではこれによってハエなどの虫を誘います。
果実は袋果です。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
水はけのよい土に植えます。
生育期は5~10月で、低温期は休眠します。
冬越しには10℃以上あったほうが無難で、10℃を下回る時期は水やりを断って休眠させます。
過湿を嫌うので、水やりは生育期は土が乾いたらたっぷりと与え、気温が下がり始めたら徐々に控えるようにします。
施肥は生育期におこない、緩効性化成肥料を施すほか、真夏を除いて月に1~2回液肥を施します。
若い茎に花が咲くので、その茎を切らないようにします。
病虫害としてはカイガラムシがあります。
名前 スタペリア
分布または原産地 ? 南アフリカを中心にタンザニア、ケニア、インド東部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
葉の形 ? 特殊
花の色 ? 黄、茶、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性
用途適性 ? 鉢植
虫害 ? カイガラムシ
日本花き取引コード ? 20290
検索サイトの検索キー ? スタペリア

「スタペリア」への投稿写真