筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

アルテルナンテラ

ヒユ科 ツルノゲイトウ属

Alternanthera  

〔基本情報〕多年草または低木。
葉は対生する単葉で、全縁、さまざまな色に色づいたり、斑がはいります。
花は葉腋に密に集まってつき、花弁はありません。
果実は胞果です。

〔利用〕葉の色が美しいものが多いためカラーリーフプランツとして栽培されます。

〔栽培〕増殖は挿芽と株分け、実生によります。
水はけと日当たりがよい場所であれば土質は特に選ばず、高温多湿にも強く、栽培は容易です。
日陰では葉の発色が悪くなります。
また、耐寒性が弱いため、10度以下になると生育が止まり、霜に非常に弱いです。
冬越しには5℃以上が必要です。
庭植えの場合は水やりはほとんど必要ありません。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
施肥は庭植えの場合は特に必要ありません。
鉢植えの場合は、初夏~秋に月に1回の置き肥か週に1回、液肥を与えます。
病虫害は特にありません。
名前 アルテルナンテラ
花咲く季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? 熱帯~亜熱帯
生活型 ? 多年草、低木
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
葉の色 ? 赤、桃、黄、橙、紫、複色、その他
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ハンギングバスケット
日本花き取引コード ? 38536
検索サイトの検索キー ? アルテルナンテラ