筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

レウカデンドロン

ヤマモガシ科 ギンヨウジュ属

Leucadendron  

〔基本情報〕
常緑の低木または小高木で、ほとんどの種は高さ2~3mですが、10m以上になるものもあります。
葉はらせん状に互生する単葉で、全縁です。
葉はしばしば蝋状の粉に覆われるか絹毛がはえます。
雌雄異株です。
雌花・雄花とも頭状花序につき、花は目立ちませんが、上部の葉が着色します。
雌花は苞が木質化して、球果状になります。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
霜が下りない地域であれば戸外で越冬させられる種もありますが、基本的には室内で栽培します。
日当たりと排水がよく、酸性で礫が多い砂質土壌を好みます。
水やりは土の表面が乾いてから与え、過湿に注意します。
施肥はリン酸、カリ分の少ないものを与えます。
名前 レウカデンドロン 、リューカデンドロン
分布または原産地 ? 南アフリカ
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 頭状花序
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
用途適性 ? 鉢植、切花、公園・庭園、コンテナ
日本花き取引コード ? 19598
検索サイトの検索キー ? レウカデンドロン

「レウカデンドロン」への投稿写真