筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

デンファレ

ラン科 セッコク属

Dendrobium   

〔基本情報〕
いくつかの原種をもとに作出された交配種群。
着生する高さ20~100cmの常緑多年草。
根茎は短く、多数の根が出ます。
多肉質で棒状の茎が叢生します。
茎の下部は葉鞘に覆われます。
葉は互生する単葉で、楕円形~長楕円形または卵形で、全縁です。
茎の上部の葉腋から数本の長い花茎が出て、数個~20個の花をつけます。
花茎は立ち上がるか弓状に曲がります。
花色は白色~赤紫色または複色、黄緑色、クリーム色などがあります。
背萼片、側萼片は長楕円形~披針形、側花弁はまるみがある卵形です。
唇弁はわずかに3裂し、基部がずい柱を包むように上に巻きます。

〔利用〕
花茎が長く伸び、多花性で花もちがよく、花色も多彩で、切り花に向きます。

〔来歴〕
デンドロビウム ファレノプシス(D. phalaenopsis)、デンドロビウム ビギッブム(D. bigibbum)を中心にD. discolor、D. gouldii、D. antennatum、D. macrophyllum、D. spectabile、D. canaliculatumなどをもとに作出されました。

〔栽培〕
増殖は株分けと高芽どりによります。
年間を通じて18℃以上を保てる日当たりと風通しのよい場所で育てます。
18℃を下回ると葉が黄色くなり落ち始めます。
葉が落ちてしまっても茎が緑色であれば、春以降にまた葉が出ます。
夏の直射日光に当たると葉やけを起こすことがあります。
水苔に植え込みます。
春から夏は植込み材料の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、気温が下がる時期はやや乾かし気味に管理します。
施肥は新芽の伸びるころから秋まで液肥を週に1回施します。
病虫害としてはウイルス病、ハダニ、カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジがあります。

〔備考〕
名は花がコチョウラン(ファレノプシス)に似るデンドロビウムという意味で、交配の基本となる原種の学名に由来しています。
名前 デンファレ
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 着生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月
草丈・樹高 ? 200〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花弁の数 ? 6
花の色 ? 黄白、緑、紫、桃、白、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 水苔
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、切花
病害 ? ウイルス病
虫害 ? ハダニ、カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 14060
検索サイトの検索キー ? デンファレ

「デンファレ」への投稿写真