筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

デンドロビウム(ノビル系)

ラン科 セッコク属

Dendrobium  

〔基本情報〕
交配種群。
着生する高さ20~60cmの常緑多年草。
根茎は短く、多数の根が出ます。
多肉質で円柱形の茎が叢生します。
葉は2列に互生する単葉で、披針形~長楕円形で全縁です。
花は茎の上部の節から1~3個ずつ出ます。
背萼片、側萼片、側花弁は長楕円形~披針形です。
唇弁は卵形で、わずかに3裂します。

〔来歴〕
デンドロビウム ノビレ(Dendrobium nobile)をもとに作出されました。

〔栽培〕
増殖は株分けと高芽どりによります。
5℃以上を保つのが望ましいですが、耐寒性が強く、凍らなければ枯れることはありません。
日当たりと風通しがよい場所で育てます。
夏の強い日射しにあたると葉焼けをおこすことがあるので弱めに遮光をします。
冬は室内の日当たりが良い場所に取り込みます。
十分に日にあたらないと花つきが悪くなります。
水苔に植え込みます。
多湿に弱いので、植込み材料が乾いてから水を与えます。
初夏から秋の生育期にはたっぷりと与え、その後花芽がつくまでは乾かし気味にします。
花芽がついてから開花までは、またたっぷりと水を与えるようにします。
施肥は4月~7月まで月1回油かすを置き、週1回液肥を与えます。
病虫害としてはウイルス病、ハダニ、カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジがあります。
名前 デンドロビウム(ノビル系)
花咲く季節 ? 2月、3月、4月
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 着生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
草丈・樹高 ? 200〜600mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花弁の数 ? 6
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 水苔
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植
病害 ? ウイルス病
虫害 ? ハダニ、カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 17344
検索サイトの検索キー ? デンドロビウム(ノビル系)

「デンドロビウム(ノビル系)」への投稿写真