筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

アルストロメリア

ユリズイセン科 ユリズイセン属

Alstroemeria  

〔基本情報〕肉質の塊茎もしくは肥大した地下茎をもつ多年草。
多くの園芸品種があり、花色も多彩です。
葉は互生する単葉で、広披針形です。
葉柄がねじれるので、裏面が表を向くことが多いです。
茎先に散形状の花序を出し、花序には苞があります。
花は左右相称で、内外3枚ずつ計6枚の花被片がありますが、内花被片は外花被片より幅が狭く、長くなることが多いです。
また、内花被片に濃い色の条斑(線状の模様)がはいるものが多いです。
雄しべは6本です。
果実は蒴果です〔利用〕おもに切花として利用され、斑入り品種は切葉が流通します。
鉢や花壇でも栽培されます。

〔栽培〕増殖は株分け(分球)や実生によります。
品種によって異なりますが、おおむね日当たりと水はけのよい場所を好みます。
高温多湿では根腐れしやすくなります。
根茎が地中深くに潜るので、深く根が張れるようにします。
鉢植えの場合は春・秋は日当たりのよい場所、夏は半日陰~日陰、冬は凍らない場所へ移動します。
梅雨時期は雨にあたらず通気性のよい場所、軒下やベランダなどに置きます。
庭植えの場合は水やりはほとんど必要ありません。
鉢植えの場合は春~開花期は土の表面が乾いたらたっぷり与えます。
開花後は乾かし気味に管理し、休眠した場合は水を与えずにおきます。
施肥は庭植えの場合は特に必要ありません。
鉢植えの場合は、春~開花期に月に1回の置き肥か週に1回、液肥を与えます。
品種によっては秋に追肥をおこないます。
病虫害としては灰色かび病やアブラムシがあります。
名前 アルストロメリア 、アルストレメリア
Peruvian lily、lily of the Incas
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 南アメリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、9月、10月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 赤、橙、黄、黄白、桃、白、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 球根、苗
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 日向、日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園
病害 ? 灰色かび病
虫害 ? アブラムシ
有用 ? 生け花
日本花き取引コード ? 61644
検索サイトの検索キー ? アルストロメリア