ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

ヒベルティア スカンデンス

ビワモドキ科 Hibbertia属

Hibbertia scandens

〔基本情報〕
高さ0.5~1mほどになる海岸性の常緑つる性木本。
細いつるが2~5mの長さによく伸びて地を這うか他のものによじ登ります。
葉は互生する単葉で、長さ3~9cm、幅1~3cmの楕円形~卵形で、全縁です。
気温さえあれば通年開花します。
花は枝先や葉腋に単生し、径5~7cmの黄金色の5弁花です。
黄色い雄しべが多数あります。
1つの花はふつう1~2日でしぼみますが、次々に開花します。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木、取木によります。
実生は発芽率が低いです。
耐寒性が弱く、霜が降りない暖地であれば戸外越冬可能です。
そのほかの地域では冬は室内に取り込みます。
日当たりと排水のよい砂質土壌を好みます。
半日陰程度であれば耐えますが、日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
夏の暑さには強いですが、高温多湿に弱いので、風通しが良い場所で乾かし気味に管理するのがよいです。
梅雨や秋の長雨の時期は雨が当たらない場所へ移動させます。
水やりは春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は控えます。
施肥は元肥として緩効性化成肥料を施すほか、春と秋に月に2回液体肥料を施します。
病虫害は特にありません。
名前 ヒベルティア スカンデンス
snake vine、climbing Guinea flower、golden Guinea vine
分布または原産地 ? オーストラリア(ニューサウスウェールズ南東部~クイーンズランド北東部)
ハーディネスゾーン ? 10b〜11b
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
草丈・樹高 ? 500〜1000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 50〜70mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 中性、酸性
耐候性 ? 耐暑性、耐乾性、耐塩性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、コンテナ
日本花き取引コード ? 50290
検索サイトの検索キー ? ヒベルティア スカンデンス

「ヒベルティア スカンデンス」への投稿写真