紅葉シーズン到来new10月の過去記事インスタ

コノクリニウム コエレスティヌム

キク科 Conoclinium属

Conoclinium coelestinum

〔基本情報〕
自生地では林縁や湿り気のある草原、川や池のふちなどでみられる高さ90cmほどになる多年草。
茎はよく枝分かれします。
葉は対生する単葉で、卵形~楕円形です。
茎の上部の葉は三角状となります。
葉の縁には粗い鋸歯があります。
茎先に散房または集散状の花序を出し、青色~青紫色、または白色の小さな頭花を多数つけます。
頭花は径7mmほどで、筒状花のみからなり、花柱が花の外に長く突き出します。
果実は痩果です。

〔栽培〕
増殖は株分けや挿し芽によります。
日向~半日陰で水はけがよい場所を好みます。
地下茎でよく殖え、栽培は容易です。
水やりは庭植えの場合はよほど乾燥が続かない限りは必要ありません。
鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
肥料は与えすぎると茂りすぎるので、春と秋の二回、緩効性化成肥料を控えめに置き肥します。
病虫害はほとんどありませんが、アブラムシがつくことがあります。

〔備考〕
旧属名からユーパトリウムともよばれます。
また花がアゲラタムに似るため宿根アゲラタムという名でも販売されます。
名前 コノクリニウム コエレスティヌム 、セイヨウフジバカマ (西洋藤袴) 、ヨウシュフジバカマ (洋種藤袴) 、アオフジバカマ (青藤袴) 、アオバナフジバカマ (青花藤袴) 、ミストフラワー、ユーパトリウム、宿根アゲラタム
blue mistflower
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? アメリカ合衆国(中央部~南東部)、西インド諸島
ハーディネスゾーン ? 5a〜10b
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月
草丈・樹高 ? 900mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 散房花序、集散花序
花の色 ? 青、紫、白
花径 ? 7mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? 花壇、公園・庭園、コンテナ
虫害 ? アブラムシ
検索サイトの検索キー ? コノクリニウム コエレスティヌム