筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ニセカイソウ

キジカクシ科(クサスギカズラ科) Albuca属

Albuca bracteata

〔基本情報〕径10cmにもなる鱗茎をもつ多年草。
葉は根出し、長さ30~60cm、幅2~4cmの線形で、先が尾状にとがります。
高さ30~80cmの花茎に50~100個ほどの花を散房~総状に密につけます。
花は径2.5cmで花被片は6個あり、内側は白色地で中央に緑色の筋、外側は緑色の太い筋がめだちます。
果実は蒴果です。

〔栽培〕増殖は分球によります。
鱗茎を地上に露出して育てると周囲に小球を多数つけます。
日当たりと排水がよい有機質を含む砂質土壌を好みます。
霜に弱いため冬期は室内に取り込むか、温室などで保護します。
土が乾いたら水を与えますが、夏は休眠するため、水やりは控えます。
病虫害は特にありません。
名前 ニセカイソウ (偽海葱) 、コモチカイソウ (子持海葱) 、コモチラン (子持蘭)
pregnant onion、false sea onion、sea-onion、German onion
花咲く季節 ? 2月、3月
分布または原産地 ? 南アフリカ
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? カイソウ
植え付け(または播種)季節 ? 10月
草丈・樹高 ? 300〜800mm
葉の形 ? 線形
花のつき方 ? 総状花序、散房花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
花径 ? 25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 球根
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園
検索サイトの検索キー ? ニセカイソウ