筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

クロバトベラ

トベラ科 トベラ属

Pittosporum tenuifolium

〔基本情報〕
高さ10mほどになる常緑低木または高木。
葉は互生する単葉で、長さ7cmほどの長楕円形となり、表面に光沢があります。
葉の縁は全縁で、波打ちます。
花は葉腋に単生し、黒みがかった緑色の5弁花で、夜間に香ります。
果実は蒴果で、熟すと3裂して種子を出します。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
日当たりがよく水はけ、水保ちがよい肥沃な土壌を好みます。
乾燥を嫌います。
栽培は容易ですが、暖地性の植物なので寒冷地には向きません。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
施肥は寒肥として株元に緩効性化成肥料を施します。
病虫害は特にありませんが、カイガラムシがつくことがあります。
名前 クロバトベラ 、ピットスポラム
black matipo
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 11月、12月
分布または原産地 ? ニュージーランド
生活型 ? 低木、小高木、高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 10000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ
虫害 ? カイガラムシ
日本花き取引コード ? 49965
検索サイトの検索キー ? クロバトベラ