カボチャのスープnewインスタ10月の過去記事

ビブルヌム ティヌス

レンプクソウ科 ガマズミ属

Viburnum tinus

〔基本情報〕
高さ2~7m、株幅3mほどになる常緑低木。
よく枝分かれして、まるい樹形になります。
葉は葉は対生する単葉で、長さ4~10cm、幅2~4cmの狭卵形となり、表面には光沢があります。
葉の縁は全縁です。
枝先に径5~10cmの散房花序を出します。
花はつぼみの時は紅色を帯び、開花すると白色~淡いピンク色で、香りがあります。
花冠は5裂し、5本の雄しべが長く突き出ます。
果実は長さ5~7mmで黒っぽい藍色に熟し、有毒とされます。

〔来歴〕
日本には昭和初期に渡来しました。

〔栽培〕
増殖は実生、挿木によります。
実生の場合は熟した果実を採り、果肉をよく洗い流してから播きます。
日当たりがよいか半日陰で水はけがよい腐植質に富んだ場所であれば土質を選ばすよく育ちます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏に晴天が続いてひどく乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥のほか、花後にお礼肥として3成分等量の緩効性化成肥料を施します。
剪定は行わず自然樹形を楽しみますが、コンパクトにまとめたい時は花後のなるべく早い時期に芽の少し上で切るようにします。
風通しが悪いとうどんこ病やカイガラムシが発生しやすいので注意が必要です
名前 ビブルヌム ティヌス 、イタリアガマズミ 、クスノハガマズミ (楠葉莢蒾) 、トキワガマズミ (常盤莢蒾) 、常緑ガマズミ 、ビバーナム
laurustinus、laurustinus viburnum、laurestine
花咲く季節 ? 11月、12月、1月、2月、3月、4月
実のなる季節 ? 10月、11月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南部~北アフリカ(地中海沿岸地域)
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、4月、5月、10月、11月、12月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜7000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散房花序
花の色 ? 桃、白
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性、耐潮性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? うどんこ病
虫害 ? カイガラムシ
日本花き取引コード ? 43989
検索サイトの検索キー ? ビブルヌム ティヌス