筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

シロバナムシヨケギク

キク科 ヨモギギク属

Tanacetum cinerariifolium

〔基本情報〕
高さ45~100cmになる多年草。
葉は互生し、2回羽状に深く裂けます。
長い花茎の先に径3cmほどの頭状花序をつけます。
辺花は白色、中心の筒花は黄色です。
果実は痩果です。

〔来歴〕
明治18年にアメリカから導入されました。

〔利用〕
殺虫成分であるピレトリンを含み、頭花を蚊取線香の原料とするため栽培されました。

〔栽培〕
増殖は実生、株分けによります。
日当たりと水はけ、風通しのよい肥沃な土壌が適します。
日当たりが悪いと間延びして、花つきも悪くなります。
夏場に蒸れると株が弱るので、多湿には注意が必要です。
水やりは土の表面が乾いてから与えるようにします。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
茎や葉が茂りすぎると内部が蒸れるので、混みあった部分を適宜間引くようにします。
病虫害は特にありません。
名前 シロバナムシヨケギク (白花虫除菊) 、ジョチュウギク (除虫菊) 、ペルシアムシヨケギク 、ムシヨケギク (虫除菊) 、ピレスラム
Dalmatian chrysanthemum、Pyrethrum
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南部(ダルマチア)
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 450〜1000mm
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 頭状花序
花の色 ?
花径 ? 30mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
繁殖方法 ? 種、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 花壇
有用 ? その他クラフト
日本花き取引コード ? 26264
検索サイトの検索キー ? シロバナムシヨケギク