筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ベニバナサワギキョウ

キキョウ科 ミゾカクシ属

Lobelia cardinalis

〔基本情報〕
原産地では川岸や沼地、湿地などでみられる高さ1.2mほどになる多年草。
茎は直立して、しばしば赤みを帯びます。
葉は互生する単葉で、長さ20cm、幅5cmほどの披針形で、葉の縁には鋸歯があります。
茎先に長さ30cmほどの総状花序を出し、花序には苞があります。
花は緋紅色で、長さ4cmの2唇形で、上唇は2裂して、下唇は3裂します。
果実は蒴果です。

〔来歴〕
1620年代半ばにヨーロッパに導入されました。

〔利用〕
有毒です。
葉はタバコの代用とされたり、リウマチなどの外用薬に利用されました。

〔栽培〕
増殖は株分け、挿芽、実生によります。
日当たりと風通しがよく、肥沃で水分の多い環境を好み、乾燥を嫌います。
真夏の強い西日は咲けるようにします。
鉢植えの場合は真夏は風通しの良い半日陰に移動します。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るほどたっぷりと与えます。
施肥は元肥として緩効性化成肥料を施すほか、春と秋に置き肥を施します。
病虫害は特にありません。
名前 ベニバナサワギキョウ (紅花沢桔梗) 、アメリカサワギキョウ 、ヨウシュサワギキョウ (洋種沢桔梗)
cardinal flower
花咲く季節 ? 7月、8月、9月
分布または原産地 ? カナダ南東部~コロンビア北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、10月、11月
草丈・樹高 ? 1200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花の色 ?
花序の長さ ? 300mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、株分け、挿芽
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、水辺緑化、コンテナ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 23262
検索サイトの検索キー ? ベニバナサワギキョウ