筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ゲンチアナ

リンドウ科 リンドウ属

Gentiana lutea

〔基本情報〕高さ0.5~2mほどになる多年草。
茎は直立します。
葉は対生する単葉で、長さ10~30cm、幅4~12cmの卵形~楕円形です。
葉には5~7本の葉脈がめだちます。
花は上部の葉腋に、多数輪生状に集まってつき、黄色です。
花冠は長さ2.5cmの星形で、ほぼ基部まで3~7裂します。
果実は蒴果です。

〔来歴〕紀元前2世紀、イリュリア王国の王ゲンティウスのよって薬としてもちいられたとされます。

〔利用〕根および根茎を薬用とします。
名前 ゲンチアナ 、キバナリンドウ (黄花竜胆)
great yellow gentian
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? ヨーロッパ南部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 500〜2000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
花の色 ?
花径 ? 25mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ゲンチアナ