筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ドイツィア エレガンティッシマ

アジサイ科 ウツギ属

Deutzia × elegantissima

〔基本情報〕
交雑種で落葉低木。
全体に毛が多くはえます。
幹や枝は中空です。
よく枝分かれします。
葉は対生する単葉で、卵形、縁に鋸歯があります。
短い円錐花序に多数の5弁花をつけます。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
日当たりと水はけがよく、通気性のよい肥沃な土壌を好みます。
半日陰や乾燥にも耐えます。
丈夫で放任してもよく育ちます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を株の周囲に深めの穴を掘って埋めます。
花後にお礼肥として緩効性肥料を施す場合も同様に穴を掘ります。
剪定は花後すぐ、6月に行います。
夏になると翌年の花芽がつくので避けるようにします。
病虫害としてはうどんこ病が出ることがあります。
名前 ドイツィア エレガンティッシマ
花咲く季節 ? 5月、6月
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 分枝
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐乾性
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園
病害 ? うどんこ病
日本花き取引コード ? 59800
検索サイトの検索キー ? ドイツィア エレガンティッシマ

「ドイツィア エレガンティッシマ」への投稿写真