筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ルリマツリ

イソマツ科 ルリマツリ属

Plumbago auriculata

〔基本情報〕
原産地では高さ6mほどにもなる常緑低木。
茎はよく枝分かれして、細くてややつる状になり、しばしば他のものによりかかってのぼります。
葉は互生する単葉で、長さ5cmほどの長楕円形~へら形、表面に光沢があります。
葉の縁は全縁です。
腎臓形の托葉があります。
茎先に短い穂状花序を出し、長さ4cm、径2.5cmで空色または白色の花をつけます。
花冠は先が5裂する高盆形で、花筒部は細い漏斗状です。
果実は長楕円状の蒴果です。

〔栽培〕
増殖は実生、株分け、挿木によります。
播種の適温は18~24℃、挿木・株分けの適温は20℃以上となります。
暖地では露地植えされており、ほぼ周年開花します。
日当たりと水はけがよい肥沃な土壌を好みます。
酸性土壌を好みます。
日当たりが悪いと花つきが悪くなります。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を施します。
枝が混みあって風通しが悪くなるとカイガラムシが発生することがあるので、適宜剪定をおこないます。
名前 ルリマツリ (瑠璃茉莉) 、アオマツリ (青茉莉)
blue plumbago、Cape plumbago、Cape leadwort
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月
分布または原産地 ? 南アフリカ
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、6月、7月、8月
形状 ? 分枝、つる、枝垂れ
草丈・樹高 ? 6000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花の色 ? 青、白
花径 ? 25mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、株分け
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? 鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
虫害 ? カイガラムシ
日本花き取引コード ? 28953
検索サイトの検索キー ? ルリマツリ