筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ヒュウガナツ

ミカン科 ミカン属

Citrus tamurana

〔基本情報〕果樹として栽培される常緑樹。
枝は密に出て、3~5mmほどの刺があります。
互生する葉は単葉のようですが、複葉が退化したもので、楕円形です。
狭い翼葉があります。
花は白色の5弁花です。
多数の雄しべが花糸の中部まで合生し雄ずい筒をつくります。
果実は球形~倒卵形、果重200gほど、淡い黄色に熟します。
果頂部が径2cmほどのドーナツ状にやや盛り上がります。
果皮は6mmほどと厚いですが、むきやすいです。
果肉はやわらかく多汁で、甘みも強く、香りがあります。

〔来歴〕宮崎県発祥で、1820年に宮崎県宮崎市の真方安太郎邸内で発見され、ユズの突然変異品と考えられています。
1887年(明治20年)に田村利親によってヒュウガナツミカン(日向夏蜜柑)と命名されました。
ニューサマーオレンジ、スモールサマーオレンジという名称も同氏によるものです。

〔利用〕フルーツとして食べるほかジュースなどにも加工されます。
また、白い内果皮も苦味や渋味がなく、香りがあるため、果肉とともに食べられます。

〔栽培〕増殖は接木によります。
日当たりと水はけ、水もちのよい場所を好みます。
幼木のうちは移植容易ですが、成木では困難です。
水やりは地植えの場合、晴天が続いて乾燥しないかぎりは必要ありませんが、幼木のうちは夏によく水を与えて枝をよく伸長させると生育が早くなります。
施肥は春と秋に有機質の肥料か速効性がある化成肥料を施します。
枝が繁りすぎて、樹冠の内部が日照不足となると枝が枯れます。
枯れ枝は病虫害の原因となり、実つきも悪くなることから、3月頃に適度に製枝・剪定し、内部まで日が当たるようにします。
実が多くついた場合は7~8月に摘果をおこないます。
果実が越冬中に寒害を受けやすいので、最低気温が-3度以下になる地域では果実を冬前に収穫したほうがよいです。
病虫害としてはミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシなどがあります。
アゲハチョウの食草です。
名前 ヒュウガナツ (日向夏) 、コナツミカン (小夏蜜柑) 、ニューサマーオレンジ 、スモールサマーオレンジ 、コナツ (小夏) 、トサコナツ (土佐小夏)
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 12月、1月、2月、3月、4月、5月
分布または原産地 ? 宮崎県
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
形状 ? 直立、分枝
葉の形 ? 特殊
葉の生え方 ? 互生
花弁の数 ? 5
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園
虫害 ? ミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ
香り ? 柑橘系
味覚 ? 酸味
食用 ?
有用 ? 食用、飲用
動物との関わり ? アゲハチョウの幼虫の食草
日本花き取引コード ? 22576
検索サイトの検索キー ? ヒュウガナツ