甘かったり苦かったりnew1月の過去記事インスタ

ザボン

ミカン科 ミカン属

Citrus maxima

〔基本情報〕果樹として栽培される常緑樹。
円形の樹形となり、枝は長く、まばらに出ます。
葉は互生し、楕円形で、縁には浅い鋸歯があります。
葉は単葉のようですが、複葉が退化したもので翼葉があります。
花は総状花序につき、白色の4~5弁花で芳香があります。
多数の雄しべが花糸の中部まで合生し雄ずい筒をつくります。
果実は黄色く熟し、球形、扁球形または倒卵形と品種のよって形はさまざまですが、果重1~2kgとカンキツ類のなかで最大級で、果皮も厚いです。

〔来歴〕日本へは安土桃山時代~江戸時代初期に渡来したと考えられています。

〔利用〕果実を果物として食べるほか、果皮で糖果をつくります。

〔栽培〕増殖は接木によります。
耐寒性が弱く、年平均気温18度以上が栽培適地です。
夏期の多湿にも注意が必要です。
日当たりと水はけ、水もちのよい場所を好みます。
寒さを嫌うので、冬の北風をさけられる建物の南側に植えるとよいです。
幼木のうちは移植容易ですが、成木では困難です。
水やりは地植えの場合、晴天が続いて乾燥しないかぎりは必要ありません。
施肥は春と秋に有機質の肥料か速効性がある化成肥料を施します。
枝が繁りすぎて、樹冠の内部が日照不足となると枝が枯れます。
枯れ枝は病虫害の原因となり、実つきも悪くなることから、3月頃に適度に製枝・剪定し、内部まで日が当たるようにします。
実が多くついた場合は7~8月に摘果をおこないます。
病虫害としては黒点病、かいよう病、ミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシなどがあります。
アゲハチョウの幼虫の食草です。
名前 ザボン (朱欒) 、白 、ブンタン (文旦) 、ウチムラサキ (内紫)
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 11月、12月、1月、2月
分布または原産地 ? インド北東部(アッサム地方)~東南アジア、ポリネシア
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
形状 ? 直立、分枝
葉の形 ? 特殊
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 4;5
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 公園・庭園
病害 ? 黒点病、かいよう病
虫害 ? ミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ
香り ? 柑橘系
味覚 ? 酸味
食用 ?
有用 ? 食用
動物との関わり ? アゲハチョウの幼虫の食草
日本花き取引コード ? 22578
検索サイトの検索キー ? ザボン

「ザボン」への投稿写真