筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

レイシ

ムクロジ科 レイシ属

Litchi chinensis

〔基本情報〕高さ7~10mほどになる常緑高木。
低い位置から枝を分けます。
樹皮は灰色です。
葉は互生し、ふつう3対の小葉からなる偶数羽状複葉です。
小葉は長さ5~16cm、幅1.5~5cmの披針形で全縁です。
葉の裏面は灰白色です。
枝先に円錐花序を出し、1つの花序に500-2,000個もの花がつきます。
花には雄花、雌花、両性花があり、淡い黄色で、花弁はありません。
果実は1つの花序に数十個つき、球形または倒卵形です。
果皮はかたく亀甲状の凹凸があり、果皮の色には変異があります。
果皮をむくと食用になる仮種皮があります。
白く半透明の仮種皮には特有の芳香があり、多汁で甘味と酸味があります。
仮種皮の中に大きく黒褐色で長楕円形の種子が1~2個含まれます。

〔来歴〕中国では古くから珍重され、楊貴妃が華南から都の長安まで早馬で運ばせた話が有名です。

〔利用〕熱帯~亜熱帯地方で果樹として栽培されます。
種子、樹皮、根などが薬用とされます。

〔栽培〕増殖は実生、接木、取木などによります。
種子は寿命が短いので取り播きとします。
実生の場合、収穫できるまで10年以上かかるため、取木の方が向いています。
発芽には25度以上の気温が必要です。
日当たりと水はけのよい肥沃な酸性土壌を好みます。
耐寒性はありますが、冬でも10度以上を保つのが望ましいため、暖地以外では露地栽培できないので鉢植えで育てます。
春~秋はよく日に当て、冬期は霜や寒風を避けられる屋内の窓辺などに移動させます。
春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与え、冬は乾かし気味に管理します。
春~秋は2~3ヶ月に1回リンがやや多めの化成肥料を施します。
着果した場合は形や色の悪い実は摘果し、残った実を太らせます。
完熟後、収穫しますが、果実は非常に日持ちが悪いです。
病虫害としてはカイガラムシ、ハマキムシ、ミバエ、ハダニなどがあります。
名前 レイシ (荔枝) 、ライチ 、ライチー
leechee、lichi、litchi、lychee
花咲く季節 ? 2月、3月、4月
実のなる季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 中国南部~西マレーシア
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 7000〜10000mm
葉の形 ? 偶数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花の色 ? 黄白
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木、取木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
土壌酸度 ? 酸性
耐候性 ? 耐暑性、非耐寒性
用途適性 ? 鉢植
虫害 ? カイガラムシ、ハマキムシ、ミバエ、ハダニ
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 10565
検索サイトの検索キー ? レイシ

「レイシ」への投稿写真