筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハウチワノキ

ムクロジ科 ハウチワノキ属

Dodonaea viscosa

〔基本情報〕
海岸や荒れ地、乾いた尾根筋などでみられる高さ2~4mの常緑低木。
枝は角ばり、よく枝分かれします。
若い枝や葉の両面に腺点が多く、粘ります。
葉は互生する単葉で、長さ5~10cm、幅0.5~2.5cmの倒披針形、質はややかたく、無毛です。
葉の縁は全縁です。
葉柄はほとんどありません。
葉は冬に紅葉します。
雌雄異株または同株です。
枝先に短い円錐花序を出します。
花には雄花と雌花がありますが、ともに花弁はなく、径5mmと小さいです。
萼片が淡い緑黄色です。
果実は蒴果で、3枚の広い翼があります。

〔利用〕
果実はオーストラリアへの移住者がビール醸造のためのホップの代用としていました。
材は堅く、マオリ族が武器や斧の柄などに使用していました。
また薬用にもされます。

〔栽培〕
増殖は実生によります。
種子は発芽を促進するため、採取したら80℃のお湯に30分浸け、そのまま半日~2日浸けてから播きます。
-5℃程度までは耐えるので、関東地方以南であれば露地栽培可能です。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
半日陰にも耐えます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は元肥を施せば特に必要ありません。
病虫害は特にはありません。
名前 ハウチワノキ (羽団扇木) 、ドドナエア 、ヒロハハウチワノキ (広葉羽団扇木) 、ホップブッシュ
hopbush、hopseed bush
花咲く季節 ? 8月
実のなる季節 ? 11月、12月
分布または原産地 ? 日本(小笠原、琉球:奄美諸島徳之島以南)、世界の熱帯・亜熱帯
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
葉の鑑賞期間 ? 11月、12月、1月、2月、3月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜4000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花径 ? 5mm
葉の色 ? 赤、緑、紫
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐潮性
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
有用 ? 飲用、その他クラフト
検索サイトの検索キー ? ハウチワノキ