筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハナカイドウ

バラ科 リンゴ属

Malus halliana

〔基本情報〕
高さ5mほどになる落葉低木。
若い枝にははじめわずかに毛がはえます。
葉は互生する単葉で、長さ3.5~8cm、幅2.5~4.5cmの楕円形で、表面には光沢があり、葉の縁には細かい鋸歯があります。
葉柄は0.5~2.5cmです。
花は淡紅色の5弁花で半開して、4~6cmの長い花柄をもつため下垂して咲きます。
八重咲きの品種もあります。
果実は径0.6~0.8cmほどの球形のナシ状果で、果頂部には萼が宿存しています。

〔来歴〕
原産地不詳(中国中西部?)ですが中国では古くから観賞用に栽培されていました。
日本には江戸時代正徳年間(1711~1716)に渡来しました。

〔栽培〕
増殖は実生と挿木、接木によります。
日当たりと水はけ、通気性がよく適湿で肥沃な場所を好みます。
乾燥する場所や強い西日があたる場所は避けるようにします。
水やりは鉢植えでは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を施すほか、花後にお礼肥を与えます。
病虫害としては赤星病、うどんこ病、ハマキムシ、アブラムシなどがあります。
名前 ハナカイドウ (花海棠) 、カイドウ (海棠) 、スイシカイドウ (垂糸海棠、垂絲海棠) 、ナンキンカイドウ (南京海棠)
花咲く季節 ? 4月、5月
実のなる季節 ? 9月、10月
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 12月、1月、2月、3月
形状 ? 直立、分枝
草丈・樹高 ? 5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、接木、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、切花、公園・庭園、ベランダ
病害 ? 赤星病、うどんこ病
虫害 ? ハマキムシ、アブラムシ
日本花き取引コード ? 48400
検索サイトの検索キー ? ハナカイドウ