心惹かれるザッソウnew6月の過去記事

コトネアスター サリキフォリウス

バラ科 シャリントウ属

Cotoneaster salicifolius

〔基本情報〕
高さ5mになる常緑~半常緑の低木。
枝はアーチ状によく伸びます。
葉は互生する単葉で、長さ5~10cmの披針形です。
葉の表面は暗緑色で、しわがあり、裏面には白色の毛がはえます。
葉の縁は全縁です。
散房花序に径5~6mmで白色の5弁花を多数つけます。
果実はナシ状果で赤色に熟し、冬まで残ります。

〔栽培〕
増殖は実生と挿木によります。
種子は乾燥すると発芽率が極端に落ちるため、果肉を取り除きとりまきとするか、乾燥しないように保存します。
日当たりと水はけがよく、肥沃な砂質土壌を好みますが、土質はえらびません。
水やりは極端に乾燥しない限り降雨にまかせます。
施肥は寒肥と開花後の2回、緩効性肥料または有機質の肥料を施します。
基本的には剪定せず自然樹形で育てますが、剪定をしたい場合は2~3月におこないます。
病虫害としては夏の高温期にハダニが発生することがあります。
名前 コトネアスター サリキフォリウス 、ヤナギバシャリントウ (柳葉車輪桃)
willow-leaved cotoneaster
花咲く季節 ? 5月、6月
実のなる季節 ? 9月、10月
分布または原産地 ? 中国西部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑、半常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 2月、3月、10月、11月
草丈・樹高 ? 5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散房花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 5〜6mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? グラウンドカバー、ロックガーデン、盆栽、鉢植、トピアリー、花壇、公園・庭園、屋上緑化、壁面緑化、コンテナ、ベランダ、ハンギングバスケット
虫害 ? ハダニ
日本花き取引コード ? 54303
検索サイトの検索キー ? コトネアスター サリキフォリウス

「コトネアスター サリキフォリウス」への投稿写真