筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

コブクザクラ

バラ科 サクラ属

Cerasus ‘Kobuku-zakura’

〔基本情報〕シナミザクラと十月桜(もしくはエドヒガン)の雑種と推定される園芸品種。
落葉高木。
樹幹の分岐する部分から気根が出ます。
若い枝は緑色です。
葉は互生する単葉で、長さ3~8cm、幅1.5~3.5cmの長楕円形です。
葉の表面には光沢があり、裏面の脈上と葉柄には斜上する毛がはえます。
葉の縁には鋭い重鋸歯があります。
花は葉腋に出る散形花序に2~4個つき、径2.5~3.5cmほどで花弁は20~50個あり、白色から淡い紅色に変化します。
雄しべは40~50個あります。
雌しべは1~5個あり、花柱は無毛です。
10月頃から年明けまで咲き、春にも開花する二季咲きです。
萼筒は上部がややくびれる鐘状壺形、萼裂片は上半分に粗い鋸歯があります。
冬の花では花柄はほとんどなく、小花柄は長さ0.5cm、春の花では花柄は長さ1cm、小花柄は長さ2.5cmで斜上する毛がはえます。
果実は黒色に熟します。
1つの花に複数の雌しべがあるため、1~3個の果実がくっついてつきます。

〔来歴〕熱海市や関西方面で広くみられ、川口市安行にもありますが由来ははっきりしません。
角田春彦はシナミザクラ×十月桜、大井次三郎はシナミザクラ×エドヒガンと推定しています。

〔栽培〕増殖は挿木、接木によります。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
庭植えで大木になって困る場合は、木の大きさをコントロールするため、布ポットで根が張るスペースを抑制するとよいです。
苗木のうちは株もとにワラを敷くなどして霜を防ぎます。
また、必要がなければむやみに枝を切らない方がよいです。
病虫害が多いため、注意が必要です。

〔備考〕果実が多くつく様子から名がつきました。
名前 コブクザクラ (子福桜)
花咲く季節 ? 10月、11月、12月、1月、3月、4月
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 20;50
花の色 ? 桃、白
花径 ? 25〜35mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、公園・庭園
日本花き取引コード ? 4594
検索サイトの検索キー ? コブクザクラ