浴衣の文様newインスタ8月の過去記事

神代曙

バラ科 サクラ属

Cerasus ‘Jindai-akebono’

〔基本情報〕エドヒガン系の園芸品種。
落葉高木。
葉は互生する単葉で、長楕円状倒披針形です。
葉の表面には光沢があり、裏面の脈上と葉柄には斜上する毛が多くはえます。
葉の縁には重鋸歯と単鋸歯がまざります。
葉の展開より前に開花します。
花は葉腋に出る散形花序に3~5個つき、径3.5cmほど5弁花で、淡い紅紫色です。
花弁先端がやや色が濃くなります。
花柱の下半分に毛があります。

〔来歴〕原木は東京都の神代植物公園にあります。
1965年にアメリカで「アケボノ(Akebono)」とよばれている品種が神代植物公園に導入されましたが、すでに日本に「曙」とよばれる別品種があったため「アメリカ」と呼称されるようになりました。
この「アメリカ」を接木して育成したものの中からうまれたものが本品種です。
西田尚道により異なる品種であることが明らかにされ、林弥栄により植栽地と導入時の旧名にちなんで名づけられました。

〔栽培〕増殖は挿木、接木によります。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
庭植えで大木になって困る場合は、木の大きさをコントロールするため、布ポットで根が張るスペースを抑制するとよいです。
苗木のうちは株もとにワラを敷くなどして霜を防ぎます。
また、必要がなければむやみに枝を切らない方がよいです。
病虫害が多いため、注意が必要です。

〔備考〕公益財団法人日本花の会により、てんぐ巣病に弱いソメイヨシノの代替品種として、開花期が近く、花も似ている本品種が推奨されています。
名前 神代曙
花咲く季節 ? 3月、4月
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯、重鋸歯
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 35mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木、挿木
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、公園・庭園、街路樹
日本花き取引コード ? 3177
検索サイトの検索キー ? 神代曙

「神代曙」への投稿写真