筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

ハナショウガ

ショウガ科 ショウガ属

Zingiber zerumbet

〔基本情報〕
高さ60~120cmの多年草。
地下茎をもちます。
葉は単葉で2列互生状に出て、長さ15~35cm、幅5~8cmの長楕円形~披針形で、裏面に毛がはえます。
葉の基部は鞘状に茎を抱いて巻き重なり、これが偽茎となります。
花茎は偽茎とは別に伸び、先端に長さ3~10cmで長楕円形の花序をつけます。
花序にははじめ緑色で、のちに赤色になる苞が密につき、その間から次々に花が咲きます。
花は1本の仮雄ずいが花弁状に発達してめだちます。
花冠は白色または淡黄色で、唇弁状に広がる仮雄ずいは白色です。
果実は長楕円形の蒴果です。

〔利用〕
根茎を食用、香辛料、薬用とします。

〔栽培〕
増殖は地下茎によります。
高温多湿を必要とし、冬に乾かし気味にすれば7~8℃までは耐えますが、水やりをする場合は最低気温12~13℃必要です。
水はけと水もちがよく、水はけがよく適度に水分のある腐植質に冨んだ土壌を好みます。
秋~春は日当たりのよい場所に置き、夏は半日陰に置きます。
水やりは春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理しますが、地下茎が完全に乾いてしまわないようにします。
施肥は元肥を施すほか夏~秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
病虫害は特にありません。
名前 ハナショウガ (花生姜) 、ニガショウガ (苦生姜)
bitter ginger、shampoo ginger、pinecone ginger
分布または原産地 ? インド、マレー半島
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
草丈・樹高 ? 600〜1200mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
花の色 ? 黄白、白
花序の長さ ? 30〜100mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
日本花き取引コード ? 68597
検索サイトの検索キー ? ハナショウガ