筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

マユハケオモト

ヒガンバナ科 マユハケオモト属

Haemanthus albiflos

〔基本情報〕
高さ20~30cm、株幅15cmほどの常緑多年草。
地下に径7~8cmで卵形の鱗茎があります。
葉は1年に1対、2列に根生し、計2~6個の葉がつきます。
葉は長さ15~20cmの長楕円形で、肉厚、全縁です。
高さ10~20cmの太い花茎の先端に径3~7cmの散形花序を出し、多数の花が咲きます。
花は6弁花ですが、花弁よりも長い白色の雄しべが目立ち、全体がブラシ状になります。
雄しべの葯は黄色です。
花序には白色で緑色の筋がある仏炎苞が4~8個つきます。
果実は球形の液果で、種子は大きく多肉質です。

〔来歴〕
日本には明治初年に渡来しました。

〔栽培〕
増殖は実生、分球によります。
種子はとりまきとしますが、開花株になるまで数年かかります。
分球は休眠が終わる前後に行い、球根よりやや大きめの鉢に、球根の首が地表面にある程度の浅植えとします。
比較的耐寒性があり、凍結しなければ戸外越冬可能です。
日向~半日陰で風通しと水はけ、水もちのよい肥沃な土壌を好みます。
生育期間中は日当たりが良い場所、休眠中は半日陰に置きます。
水やりは生育期間中は土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えます。
休眠期間中は水分があると球根が腐るので潅水せず、完全に水を断ちます。
施肥は元肥として緩効性肥料を施すほか、生育期間中に液肥を月に1回与えます。
病虫害としては葉枯病やナメクジ、ハダニがあります。
名前 マユハケオモト
paintbrush、elephant's tongue、elephant ear、shaving-brush plant、paintbrush plant
花咲く季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 南アフリカ(ケープ州~クワズール・ナタール州)
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 8月、9月
草丈・樹高 ? 200〜300mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、球根
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植
病害 ? 葉枯病
虫害 ? ナメクジ、ハダニ
日本花き取引コード ? 79830
検索サイトの検索キー ? マユハケオモト