ウワバミソウ new6月の過去記事いいねしよう

キンリョウヘン

ラン科 シュンラン属

Cymbidium floribundum

〔基本情報〕
常緑多年草。
半着生・半地生のランです。
偽鱗茎をもち、根は太い紐状です。
葉は6~7枚が互生して、長さ20~30cm、幅0.6~1.5cmの細長い線形で革質、直立または弓状に曲がります。
総状花序を出し、20個ほどの花をつけます。
花は紫褐色で、萼片と側花弁がほぼ同形同色となります。
唇弁は3裂し、中央の裂片は幅広で模様があります。
花には独特の芳香があります。

〔来歴〕
古くから斑入りの園芸品種が多く作られ、明治時代と第二次世界大戦前に栽培のブームがありました。

〔利用〕
花にニホンミツバチを引き寄せる香りがあるため、春にニホンミツバチの分蜂群を捕獲するため、趣味家の間で利用されます。

〔栽培〕
増殖は株分けによります。
素焼鉢で栽培し、水苔か、軽石を混ぜたバーク、観葉植物の土、蘭用の土などを用います。
比較的丈夫なので土質はあまり選びません。
鉢は脚つきのものにするか、棚に置き、鉢底の通気をよくします。
秋~春は日当たりのよい場所、夏は半日陰の風通しの良い場所に置きます。
冬は強い北風や霜、雪を避けるようにしますが、ある程度低温に置かれないと開花が遅れたり、花が咲かないことがあります。
水やりは過湿にならないよう、植込み材の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は乾かし気味に管理します。
花芽が出てきてからは、花芽に水がかからないようにします。
施肥は春と秋に2000倍に薄めた液肥を月1回程度与えるか、緩効性化成肥料を少量置き肥します。
名前 キンリョウヘン (金陵辺) 、タイワンキンリョウヘン (台湾金陵辺) 、蜜蜂蘭
yellow margin orchid、golden leaf-edge orchid、golden-edged orchid
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 中国(長江以南)、台湾
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生、着生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 総状花序
花弁の数 ? 6
花の色 ? 茶、紫
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 乾燥、普通
土の必要性 ? 必要、水苔
耐候性 ? 耐寒性
用途適性 ? 鉢植
動物との関わり ? 花にニホンミツバチを引き寄せる香りがあります。
日本花き取引コード ? 18876
検索サイトの検索キー ? キンリョウヘン

「キンリョウヘン」への投稿写真