桃色のカリンnew今日は菖蒲湯にいいねしよう

カラタネオガタマ

モクレン科 モクレン属

Magnolia figo

〔基本情報〕
高さ2~5mになる常緑低木。
若い枝や芽、葉柄などに黄褐色の短毛が密にはえます。
葉は互生する単葉で、長さ4~10cm、幅1.8~4.5cmの長楕円形で、革質、表面に光沢があり、葉の縁は全縁です。
葉柄は2~4mmです。
花は葉腋に単生し、径3~4cmでときに赤や紫色を帯びるクリーム色の6弁花で、甘いバナナのような芳香があります。
ただし花が香るのは、蕾の先がやや開いた程度のときで、開ききってしまうと香りはほとんどなくなるようです。
花は短命で、開花しても1~2日しかもたず、花被片がばらばらと落ちていきます。
果実は袋果で、熟すと割れて、オレンジ色の種子が顔を出します。

〔来歴〕
日本へは明治初期に渡来しました。

〔利用〕
花は薬用にされます。

〔栽培〕
増殖は実生、取木、挿木によります。
寒さにやや弱いので、霜や寒風、強風を避けるようにします。
日向~半日陰で水はけがよく、やや湿り気のある肥沃な土壌を好みます。
乾燥や強い西日を嫌います。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は夏に晴天が続いて乾燥しないかぎりは降雨にまかせます。
施肥は寒肥として有機肥料を施すほか、花後にお礼肥を与えます。
病虫害としてはカイガラムシがあります。
名前 カラタネオガタマ (唐種小賀玉) 、トウオガタマ (唐小賀玉)
banana shrub
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 中国
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜5000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 単生
花弁の数 ? 6
花の色 ? 黄白
花径 ? 30〜40mm
実の色 ? 赤、橙
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、生垣、公園・庭園
虫害 ? カイガラムシ
有用 ? 薬用
日本花き取引コード ? 21711
検索サイトの検索キー ? カラタネオガタマ

「カラタネオガタマ」への投稿写真