山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

ネイハキンカン

ミカン科 ミカン属

Citrus japonica ‘Crassifolia’

〔基本情報〕高さ2mほどの常緑低木。
枝は細くて短く、密に枝分かれします。
短く鋭い刺がまれにつきます。
互生する葉は単葉のようですが、複葉が退化したもので、全縁で、革質、長さ5.5cm、幅2.5cmほどの楕円形で、質が厚く、裏面は白っぽいです。
翼葉はあまり発達しません。
花は葉腋につき、単生または数個があつまって、年に2-3回咲きます。
果実は径2.5~3cmほどの短卵形で黄橙色に熟します。
果皮はうすく、甘みと芳香があり、キンカン類の中では生食に適します。

〔来歴〕日本には江戸時代後期に中国浙江省寧波の商船が遠州灘沖で暴風雨に遭い、清水港に寄港した際、三保村折戸の名主が本種の砂糖漬けをもらい、その種子をまいたのが始まりとされています。

〔利用〕果実は皮ごと生食、砂糖漬けで利用されるほか、薬用にもなります。

〔栽培〕耐寒性があり、栽培しやすいです。
増殖は接木によります。
日当たりと水はけがよい場所を好みます。
木が小さいわりに、果実をたくさんつけるので、年間を通じて施肥が必要です。
放任すると枝が繁りすぎて、樹冠の内部が日照不足となり、枝が枯れます。
枯れ枝は病虫害の原因となり、実つきも悪くなることから、適度に製枝・剪定し、内部まで日が当たるようにします。
秋に咲く花は結実させず、株を疲れさせないようにします。
また、果実の成長期に水切れすると、落果の原因になります。
成熟期に当たる秋冬は、乾かし気味にした方が、甘い果実ができます。
病虫害としては黒点病、ミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシなどがあります。
アゲハチョウの幼虫の食草です。
名前 ネイハキンカン (寧波金柑) 、ニンポウキンカン (寧波金柑) 、メイワキンカン (明和金柑)
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月
実のなる季節 ? 11月、12月、1月、2月
分布または原産地 ? 中国
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 2000mm
葉の形 ? 単葉、複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花弁の数 ? 5
花の色 ?
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 盆栽、鉢植、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
病害 ? 黒点病
虫害 ? ミカンハモグリガ、カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ
香り ? 柑橘系
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
動物との関わり ? アゲハチョウの食草
日本花き取引コード ? 29420
検索サイトの検索キー ? ネイハキンカン