いよいよ最終ジャッジ!newインスタをフォロー6月の過去記事

ハイビスカス

アオイ科 フヨウ属

Hibiscus  

〔基本情報〕熱帯起源の園芸品種群。
おもに次の3つの系統に分けられます。
ハワイアンハイビスカス(ニュータイプ、大輪系とも):大輪で花色の変化に富む。性質がやや弱い。
オールドタイプ(在来系):花がやや小さく花色に変化がすくない。花つきがよく、強健。
コーラル:花が小さく、下向きに咲く。樹高が高い。耐暑性が強く、寒さにやや弱い。強健。
非常に多くの園芸品種がありますが、ほとんどがハワイアンハイビスカスです。
花は朝開いて夕方にはしぼむ1日花です。
熱帯では一年中開花します。

〔栽培〕増殖は挿し木や接ぎ木によります。
挿し木はオールドタイプとハワイアンハイビスカスが4~6月、コーラルは5~9月におこないます。
日当たりと水はけのよい肥沃な土壌を好みます。
夏の暑さで株が弱りがちなので、真夏は半日陰の風通しがよい場所へ移動させます。
特にハワイアンハイビスカスは暑さに弱いです。
冬期は室内で窓際の暖かい場所で管理しますが、霜が降りない地域では露地での越冬も可能です。
春~秋は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。特に開花期は水ぎれを起こすと花が落ちます。
施肥は春~秋に緩効性化成肥料を与えますが、チッソが多いと葉ばかり茂って花がつかなくなるので、リン酸・カリが多めのものを与えます。
夏の暑さで弱っている時期や生育の止まる冬は施肥は必要ありません。
咲き終わった花はこまめに花がらを摘むようにします。
病害虫としてはアブラムシ、ハダニ、ハマキムシ、カイガラムシなどがあります。
名前 ハイビスカス
China rose、shoe-flower、rose mallow、Chinese hibiscus
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月、9月、10月
生活型 ? 低木、小高木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、6月
葉の生え方 ? 互生
葉の色 ? 緑、複色
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 接木、挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、コンテナ、ベランダ
虫害 ? アブラムシ、ハダニ、ハマキムシ、カイガラムシ
日本花き取引コード ? 21731
検索サイトの検索キー ? ハイビスカス