山野草イワカガミnewおすすめ本と映画5月の過去記事いいねしよう

カラー

サトイモ科 オランダカイウ属

Zantedeschia  

〔基本情報〕野生では南アフリカ原産の8種ほどが知られる常緑多年草。肥大した地下茎や塊茎をもち球根植物に分類されます。
葉は単葉で互生し、矢じり形、基部は鞘状となります。
花は小さく花弁を欠き、棒状の肉穂花序につき、漏斗状の仏炎苞に包まれます。
仏炎苞は白、黄、ピンク色などに着色し、この仏炎苞や葉を鑑賞するため栽培されます。

〔利用〕多くの園芸品種があり、おもに切花にされますが、鉢植えや庭植えとしても利用されます。

〔栽培〕増殖は球根によります。
多くは粘土質で多湿の土壌を好みます。
生育には20度前後が適温で、霜にあたると地上部が枯れます。
高温多湿となると軟腐病となることがあります。
名前 カラー
calla、calla lily、arum lily
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 南アフリカ
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 肉穂花序
葉の色 ? 緑、複色
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 球根
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 非耐寒性
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、コンテナ、水辺緑化
病害 ? 軟腐病
日本花き取引コード ? 14744
検索サイトの検索キー ? カラー