3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

アンスリウム

サトイモ科 ベニウチワ属

Anthurium andraeanum

〔基本情報〕樹木などに着生して生育する常緑多年草。
茎は直立し、節間は短いです。
葉は互生する単葉で、長さ20~40cm、幅15~20cmの長い心臓形で、光沢があります。
葉柄は葉身より長く、かたくて丈夫です。
茎の上部の葉腋から葉柄より長い花茎を直立させ、両性の4花弁を密につけた長さ6~8cmの肉穂花序をつけます。
仏炎苞は長さ10~15cmの心臓形で開いてつき、肉穂花序を包みません。
花被片は肥厚して雌しべを囲み、雄しべ4個は花被片と対生します。
仏炎苞は独特の光沢をもち、ふつうは朱赤色ですが、品種によって橙、桃、白などに着色し、観賞性に富みます。

〔来歴〕日本には明治時代中頃に導入されました。

〔栽培〕生育適温25度前後と高温多湿を好みます。
着生植物なので水苔、軽石、鹿沼土など水はけのよい用土が適します。
室内の半日陰が適し、強い日射しにあうと葉焼けします。乾燥するときは霧吹きや葉水を与えるとよいです。
増殖は挿木や株分けによります。
害虫としてカイガラムシ、ハダニ、アブラムシ、ナメクジなどがあります。
名前 アンスリウム 、オオベニウチワ (大紅団扇)
分布または原産地 ? コロンビア、エクアドル
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 着生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月、7月、8月
形状 ? 直立
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 肉穂花序
花弁の数 ? 4
花序の長さ ? 60〜80mm
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木、株分け
日照条件 ? 半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 水苔
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? 鉢植
虫害 ? カイガラムシ、ハダニ、アブラムシ、ナメクジ
日本花き取引コード ? 40446
検索サイトの検索キー ? アンスリウム

「アンスリウム」への投稿写真