3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

トウガン

ウリ科 トウガン属

Benincasa hispida

〔基本情報〕巻きひげをもつ、つる性の一年草。
茎葉とも白色の毛が密生します。
葉は互生する単葉で、心臓状卵形で大きく切れ込み、葉縁に歯状の鋸歯があります。
花は葉腋に単生し、雄花と雌花があります。雄花雌花とも径7~8cmで黄色く、萼片は反転します。
果実は長さ30~80cm、重さは3~10kgと非常に大きく、円形~長楕円形で、若いうちは粗い毛がはえますが、成熟すると毛はなくなり、白い蝋質の粉で覆われます。
果肉は白く、果実の約95%は水分です。

〔来歴〕熱帯アジアあるいはインド原産とされ、3世紀ごろに南方から中国に入りました。
またヨーロッパへは16世紀に伝わりましたがほとんど普及しませんでした。
日本には古くに渡来し、『本草和名』(918年)に記載があります。

〔利用〕果実を食用にします。味が淡泊なので吸い物の実やあんかけなどにされます。
貯蔵性が高く、夏に収穫した後、涼しい場所に置いておけば翌春まで貯蔵できます。

〔栽培〕排水と日当たりのよい場所を好み、乾燥を嫌います。
果実が大きくなりだしたら肥料切れさせないように注意します。
病害虫としてはうどんこ病やアブラムシ、ハダニがみられ、高温期に株が蒸れると発生しやすくなります。
名前 トウガン (冬瓜) 、カモウリ 、トウガ
white gourd、wax gourd
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
実のなる季節 ? 6月、7月、8月、9月、10月
生活型 ? つる性草本
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 5月、6月
形状 ? つる
葉の形 ? 分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 単生
花の色 ?
花径 ? 70〜80mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病
虫害 ? アブラムシ、ハダニ
食用 ?
有用 ? 食用
日本花き取引コード ? 58461
検索サイトの検索キー ? トウガン