モッコウバラnew5月の過去記事いいねしよう

ガラナ

ムクロジ科 ガラナ属

Paullinia cupana

〔基本情報〕ときにやや低木状になる常緑つる性木本。
枝には4~5稜があります。
葉は互生し、5小葉からなる複葉で、長さ20~40cmです。
小葉は長さ10~20cm、幅4~9cmで上方のものは長楕円形、下方のものは卵形、縁に歯牙があります。
長い葉柄をもち、托葉があります。
葉腋から長さ6~20cmの穂状花序を出し、多くの花をつけます。
花は白色の4弁花で、花弁は長さ6mmほどです。
萼片は5個あり、分離します。
果実は長さ3~4cmで紡錘形の蒴果で、果皮はやや厚いです。
果実は赤色に熟すと割れ、径12mmの球形で黒色の種子を出します。
種皮が白色のため、種子をのぞかせた果実は目玉のような見た目です。

〔利用〕種子はカフェインをコーヒーの約3倍含み、強壮薬のほかさまざまな症状に薬用として使われます。日本へは大正時代に製品が渡来しました。
名前 ガラナ
guarana
花咲く季節 ? 7月、8月、9月、10月、11月
実のなる季節 ? 10月、11月、12月、1月、2月、3月、4月
分布または原産地 ? ベネズエラ、コロンビア、ブラジル(アマゾン川流域)
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? つる
葉の形 ? 奇数羽状複葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序
花弁の数 ? 4
花の色 ?
花序の長さ ? 60〜200mm
実の色 ?
葉の色 ?
有用 ? 薬用、飲用
検索サイトの検索キー ? ガラナ