こんなに高いところにnew11月の過去記事いいねしよう

サラソウジュ

フタバガキ科 サラソウジュ属

Shorea robusta

〔基本情報〕高さ45m、径1mにもなる落葉高木。
乾季に落葉します。
葉は互生する単葉で、長さ10~25cmの楕円形です。
花は円錐花序につき、径3cmほどの星形の5弁花で淡黄色です。
花には芳香があります。
果実は径1.5~2cmの堅果で、萼片が発達し長さ5~7cmになった、羽根突きの羽根に似る大きな細長い翼を5枚もちます。

〔来歴〕ムユウジュ、ボダイジュとともに‘仏教の三大聖木’とされます。『平家物語』にも無常を象徴するものとして登場します。

〔利用〕材は重硬で耐朽性が高く、インドでは重要な木材として建築や橋梁などに利用されます。
樹脂は宗教的儀式のほか塗料やワニス原料にされます。

〔備考〕釈迦入滅時にその四方にこの木が2本ずつはえていたという伝説から双樹の名があります。
‘サラ’はサンスクリット語に由来します。
日本では育ちにくく、寺院などでサラノキ(シャラノキ)として植栽されるのはツバキ科のナツツバキです。
名前 サラソウジュ (沙羅双樹、娑羅双樹) 、サラノキ (沙羅樹、娑羅樹) 、シャラノキ (沙羅樹、娑羅樹)
sal
分布または原産地 ? インド中部~ネパール
生活型 ? 高木
常緑・落葉 ? 落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
形状 ? 直立
草丈・樹高 ? 45000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 円錐花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 黄白
花径 ? 30mm
葉の色 ?
有用 ? その他クラフト
文化との関わり ? 仏教の三大聖木、平家物語
検索サイトの検索キー ? サラソウジュ