3/15をもってサービスを停止いたします パパイヤnew

コボウズオトギリ

オトギリソウ科 オトギリソウ属

Hypericum androsaemum

〔基本情報〕
高さ60~90cmになる落葉または半常緑低木。
基部からよく枝分かれし、こんもりと茂ります。
枝には稜があります。
葉は対生する単葉で、長さ4~15cmの広卵形~長楕円形となり、つぶすとわずかに芳香を放ちます。
葉の基部は切形~心形となり、しばしば茎を抱き、葉柄はありません。
花は枝先の集散花序に1~11個つき、径1.5~2cmほどの黄色の5弁花で、星形に開くかカップ状になります。
花弁は長さ0.6~1.2cmの卵形で萼片と同じ長さもしくはわずかに短くなります。
雄しべは多数あり、束状には分かれず、長さは花弁の長さの0.9~1倍と花弁とほぼ同じかやや短くなります。
萼片は0.6~1.5cmの長楕円形~広卵形となり、先端は丸みを帯び、全縁です。
萼片は開花期は開出して、果実期には反曲します。
果実は蒴果でまるく肥大し、赤から紫、黒色へと熟すにつれ色が変わります。
花が大きく、葉が赤みを帯びているタイプでは、果実は黒ではなくしばしば赤褐色(錆褐色)を保つこともあります。
ヒペリカム イノドルムとよく似ており、おもに、花弁が萼と同長もしくは短い、雄しべが花弁とほぼ同じ長さ、萼は花期は開出して果実期に反曲する、という点で区別します。

〔利用〕
果実期の枝を花材として利用します。

〔栽培〕
増殖は実生や挿木、株分けによります。
日向~半日陰で風通しがよく、水はけ・水もちがよい肥沃な土壌を好み、強い乾燥を嫌います。
夏の直射日光や乾燥で葉焼けをおこすことがあるので、夏場は遮光するとよいです。
日当たりが悪すぎると花つきが悪くなります。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与え、地植えの場合は夏の乾燥する時期には朝か夕方に水やりをし、それ以外は降雨にまかせます。
施肥は春と秋に緩効性化成肥料を置き肥します。
剪定をおこなう場合は冬におこないます。
病虫害としてはアザミウマ、アブラムシ、カイガラムシ、うどんこ病、さび病があります。

〔備考〕
当初コボウズオトギリの園芸品種として流通したものが、ヒペリカム イノドルムの園芸品種と変更されるなど混乱があります。
名前 コボウズオトギリ (小坊主弟切)
sweet-amber、tutsan
花咲く季節 ? 5月、6月、7月、8月
実のなる季節 ? 7月、8月、9月、10月
分布または原産地 ? 西ヨーロッパ、北アフリカ、ユーゴスラビア北西部、黒海周辺、カスピ海南部
ハーディネスゾーン ? 5a〜8b
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 半常緑、落葉
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ヒペリカム イノドルム
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、5月、9月、10月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 600〜900mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 対生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 15〜20mm
実の色 ? 赤、紫、黒
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 種、挿木、株分け
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植、花壇、切花、公園・庭園、屋上庭園、コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病、さび病
虫害 ? アザミウマ、アブラムシ、カイガラムシ
有用 ? 生け花
日本花き取引コード ? 47279
検索サイトの検索キー ? コボウズオトギリ

「コボウズオトギリ」への投稿写真