さくらと紅葉を同時にnewインスタ12月の過去記事

キンギョソウ

オオバコ科 キンギョソウ属

Antirrhinum majus

〔基本情報〕園芸的には一年草として扱われる多年草。
葉は長楕円状披針形で互生し、全縁です。
茎先に穂状または総状花序を出し、密に花をつけます。花は長さ4-6cmで花冠は大きく、下部が筒状になり、上下に2唇弁をもちます。金魚に似た形の花をつけるため、この名があります。
この仲間は花の口が閉じているため、こじ開けて花筒内に入る力をもつハナバチでないと吸蜜できないといわれます。
園芸的に改良され、多彩な花色の園芸品種が多数あります。

〔栽培〕増殖は播種によります。
高温期に立枯病などが出やすいため、消毒した土壌を用い、乾燥気味に育てます。
害虫としてはアブラムシ、ヨトウムシなどがつきます。
名前 キンギョソウ (金魚草) 、スナップドラゴン 、アンテリナム
snapdragon
花咲く季節 ? 4月、5月、6月、7月
分布または原産地 ? 地中海地域
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
葉の形 ? 単葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 穂状花序、総状花序
花の色 ? 赤、橙、黄、白、桃、複色
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ? 種子、苗
土の必要性 ? 必要
用途適性 ? 鉢植え、花壇、公園・庭園、コンテナ、ベランダ
病害 ? うどんこ病
虫害 ? アブラムシ、ヨトウムシ、ナメクジ、ハダニ
日本花き取引コード ? 56290
検索サイトの検索キー ? キンギョソウ
エバーグリーンポストでの記事 [コエビソウ]ゆかいなコエビソウ|キツネノマゴ科キツネノマゴ属|エバーグリーン