難を転じるnew1月の過去記事インスタ

ムラサキクンシラン

ヒガンバナ科 ムラサキクンシラン属

Agapanthus africanus

〔基本情報〕高さ60~70cmになる常緑の球根性多年草。
塊茎をもち、根は多肉状で太いです。葉は線形~披針形で長さ10~35cm、やや直立する傾向があります。
長い花茎の先端に散形花序をつけますが、花数は20~30個とAgapanthusの中では少なめです。花は濃い青紫色です。

〔栽培〕常緑ですが、冬期に-5度以下になると地上部は枯れ込みます。
増殖は株分けにより、花後、一株に3個ほど芽がつくように分けます。
病気や害虫はほとんどありません。
名前 ムラサキクンシラン 、アガパンサス 、ドワーフ・アガパンサス
African lily、blue African lily、lily of the Nile、dwarf agapanthus
花咲く季節 ? 5月、6月、7月
分布または原産地 ? 南アフリカのケープ半島からパール(Pearl)、リバーデイル(Riverdale)
生活型 ? 多年草
常緑・落葉 ? 常緑
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 3月、4月、9月、10月
草丈・樹高 ? 600〜700mm
葉の形 ? 線形
葉の生え方 ? 根生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 6
花の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 株分け
日照条件 ? 日向
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性
用途適性 ? 花壇、切花、公園・庭園、屋上緑化、コンテナ、ベランダ
虫害 ? アブラムシ
日本花き取引コード ? 42465
検索サイトの検索キー ? ムラサキクンシラン