飯綱神社new10月の過去記事インスタ

ドクゼリ

セリ科 ドクゼリ属

Cicuta virosa

〔基本情報〕
湿原にはえる高さ1mほどの多年草。
太く、節間が中空の地下茎をもちます。
茎は中空で枝分かれします。
葉は互生する2~3回羽状複葉で、小葉は長さ3~8cm、幅0.5~2cmの長楕円状披針形となり、縁に鋸歯があります。
茎先の複散形花序に白色の小さな花を多数つけます。
総苞片はなく、小総苞片は数個あります。
果実は扁球形の分果です。

〔備考〕
全草有毒で、若芽がセリに似ているため誤食事故が報告されています。
セリのような香りがない点、竹節状の根茎で区別します。
名前 ドクゼリ (毒芹) 、ヤナギバドクゼリ (柳葉毒芹) 、オオゼリ (大芹)
cowbane、northern water hemlock
花咲く季節 ? 6月、7月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、ユーラシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? セリ
草丈・樹高 ? 1000mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複散形花序
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ドクゼリ