変化に富む花new悪しき実4月の過去記事いいねしよう

シャク

セリ科 シャク属

Anthriscus sylvestris subsp. sylvestris

〔基本情報〕
山地の湿った場所でみられ、高さ0.8~1.4mになる多年草。
茎は直立して上部で枝分かれします。
葉は互生する2回3出羽状複葉となり、小葉は細かく裂けます。
葉の質はやわらかいです。
葉には葉柄があります。
茎先に複散形花序を出し、花序には総苞片はなく、数個の小総苞片がつきます。
小総苞片は卵形~披針形で開花後に下を向きます。
花は多数つき、白色の5弁花で、花序の周辺につく花の外側の2花弁が他の花弁より大きくなります。
果実は分果で、平滑、黒色に熟します。

〔利用〕
根を薬用とします。
若葉はセリに似た香りがあり、山菜として利用します。
名前 シャク (杓) 、ヤマニンジン (山人参) 、コジャク (小杓) 、ワイルドチャービル
wild chervil、cow parsley、wild beaked parsley、keck、mother-die
花咲く季節 ? 5月、6月
分布または原産地 ? 日本(北海道~九州)、ユーラシア
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? ドクニンジン
草丈・樹高 ? 800〜1400mm
葉の生え方 ? 互生
花のつき方 ? 複散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
食用 ?
有用 ? 薬用、食用
検索サイトの検索キー ? シャク

「シャク」への投稿写真