筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

エゾニュウ

セリ科 シシウド属

Angelica ursina

〔基本情報〕山地の草地や沢沿いなどでみられ、北海道では海岸近くの草原にはえる多年草。
茎は高さ2~3mにもなり、太く中空で、直立し、上部で枝分かれします。
葉は互生する2~3回3出羽状複葉です。
小葉は羽状に分裂して、裂片は長楕円形です。
小葉の縁には鋸歯があります。
葉柄は袋状にふくらみます。
茎先に大きな複散形花序をつけ、花柄は50個ほど、小花柄は30個ほど出ます。
花序には径3mmほどの白色の5弁花を多数つけます。
果実は扁平な広楕円形の分果で、広く薄い側翼があります。

〔利用〕若い茎を塩蔵して冬に食べる山菜として利用します。
名前 エゾニュウ
花咲く季節 ? 7月、8月
分布または原産地 ? 日本(北海道、本州中部地方以北)、サハリン、千島、カムチャッカ、シベリア東部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
花径 ? 3mm
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? エゾニュウ

「エゾニュウ」への投稿写真