3/15をもってサービスを停止いたします 最後はアマドコロnew

ミチノクヨロイグサ

セリ科 シシウド属

Angelica sachalinensis var. glabra

〔基本情報〕
低山の林縁などの日当たりのよい場所でみられる多年草。
茎は高さ1~2mになり、中空で、直立し、上部で枝分かれします。
葉は互生する2~3回3出羽状複葉で、小葉は長楕円形、質がやや厚く、表面に光沢があります。
葉の縁には鋸歯があります。
葉の裏面は白色を帯び、脈上にも毛はありません。
小葉の基部はしばしば羽軸にながれます。
葉柄は袋状にふくらみます。
茎先に複散形花序をつけ、白色の小さな5弁花を多数つけます。
花序には総苞片はなく、小総苞片はないか少数でます。
果実は楕円形の分果です。
油管は各背溝下に1~2個ずつ、合生面の左右に2~3個あります。
名前 ミチノクヨロイグサ (陸奥鎧草) 、ケナシミヤマシシウド (毛無深山猪独活)
花咲く季節 ? 6月、7月、8月
分布または原産地 ? 日本(本州:青森県~石川県の日本海側)
指定植物 ? 日本固有種
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
良く似た植物 ? エゾノヨロイグサ、ミヤマシシウド、シシウド
草丈・樹高 ? 1000〜2000mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 鋸歯
花のつき方 ? 複散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? ミチノクヨロイグサ

「ミチノクヨロイグサ」への投稿写真