• ポインセチアは寒いの苦手new
  • 11月の過去記事
  • Facebookページにいいね!しよう
  • ミヤマシシウド

    セリ科 シシウド属

    Angelica pubescens var. matsumurae

    〔基本情報〕深山でみられる多年草。
    茎は高さ50~150cmになり、太く中空で、直立し、上部で枝分かれします。
    茎と葉には細かい毛があります。
    葉は互生する2~3回3出羽状複葉で、小葉は楕円形で、シシウドに比べて毛が少なく、縁には鋸歯があります。
    小葉の表面は明るい緑色でやや光沢があります。
    小葉の頂裂片の基部は羽軸にながれます。
    葉柄は袋状にふくらみます。
    茎先に複散形花序をつけ、白色の小さな5弁花を多数つけます。
    花序には総苞片、小総苞片ともありません。
    果実は広楕円形の分果です。
    名前 ミヤマシシウド (深山猪独活)
    花咲く季節 ? 7月、8月
    分布または原産地 ? 日本(本州中部地方以北)
    指定植物 ? 日本固有種
    生活型 ? 多年草
    生活様式 ? 地生
    草丈・樹高 ? 500〜1500mm
    葉の生え方 ? 互生
    縁の形 ? 鋸歯
    花のつき方 ? 複散形花序
    花弁の数 ? 5
    花の色 ?
    葉の色 ?
    検索サイトの検索キー ? ミヤマシシウド

    「ミヤマシシウド」への投稿写真