筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

シラネセンキュウ

セリ科 シシウド属

Angelica polymorpha

〔基本情報〕山地の日陰、林縁、渓流沿いなどでみられる多年草。
茎は高さ80~150cmになり、細長く中空で、直立し、上部で枝分かれします。
茎は無毛です。
葉は互生する3~4回3出羽状複葉で、長さ15~30㎝、幅15~25㎝です。
小葉は長さ3~5㎝、幅2.5~3.5㎝の卵形で、縁が切れ込みますが、切れ込みの度合いには変化が多いです。
小葉は薄く、裏面は白色を帯び、縁には重鋸歯があります。
葉柄は袋状にふくらみます。
茎先に径4~10cmの複散形花序をつけ、白色の小さな5弁花を多数つけます。
花弁は倒卵形で、花序の外側の花の花弁がやや大きくなります。
花序には総苞片はほとんどなく、線形の小総苞片が数個つきます。
花序の柄や花柄に剛毛がはえ、ざらつきます。
果実は長さ6~7㎜で広楕円形の分果で、広く薄い側翼があります。

〔利用〕根を薬用とします。

〔備考〕日光の白根山が名前の由来です。
名前 シラネセンキュウ (白根川芎) 、スズカゼリ (鈴鹿芹)
花咲く季節 ? 9月、10月、11月
分布または原産地 ? 日本(本州~九州)、朝鮮、中国東北部
生活型 ? 多年草
生活様式 ? 地生
草丈・樹高 ? 800〜1500mm
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 重鋸歯
花のつき方 ? 複散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
葉の色 ?
検索サイトの検索キー ? シラネセンキュウ

「シラネセンキュウ」への投稿写真