筆掛けの槇new6月の過去記事いいねしよう

キヅタ

ウコギ科 キヅタ属

Hedera rhombea

〔基本情報〕
常緑つる性木本。
幹から多くの気根を出して樹木や崖、壁などをよじ登り、高さ30~40mにも達します。
若い枝には黄褐色の毛がありますが、のちに無毛となります。
葉は互生する単葉で、長さ3~7cm、幅2~5cmで、質が厚く、表面に光沢があります。
葉の縁は全縁です。
若い枝の葉はふつう大きく、浅く3~5裂する卵円形~菱状卵形となり、花をつける枝の葉では菱状卵形~卵状披針形で分裂しません。
葉柄は1.5~5cmです。
枝先に散形花序を出し、黄緑色の小さな5弁花を1~数個つけます。
花序の軸には黄褐色の毛がはえます。
果実は径6~7mmで球形の石果で、黒く熟します。

〔栽培〕
増殖は挿木によります。
挿木は3~4月または9~10月に茎を2~3節切り、。
土や水に挿すと容易に発根します。
実生も可能ですが、発芽率は悪いです。
半日陰で水はけと水もちがよく、通気性のあるやや湿った土壌を好みます。
水やりは鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えの場合は晴天が続いて乾燥しない限りは必要ありません。
施肥は元肥のみでも問題ありません。
病虫害としてはすす病、炭そ病、アブラムシ、カイガラムシなどがあります。

〔備考〕
別名のフユヅタは冬も葉があることから、ブドウ科の落葉性のツタ(ナツヅタ)に対してつけられました。
名前 キヅタ (木蔦) 、フユヅタ (冬蔦) 、オニヅタ (鬼蔦)
Japanese ivy、songak
花咲く季節 ? 10月、11月、12月
実のなる季節 ? 3月、4月、5月
分布または原産地 ? 日本(北海道南部~琉球)、朝鮮南部
生活型 ? つる性木本
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月、9月、10月
葉の鑑賞期間 ? 1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月
形状 ? つる
草丈・樹高 ? 30000〜40000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)、分裂葉
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
葉の特記事項 ? 若い枝につく葉と、花がつく枝に出る葉で形が違います。
花のつき方 ? 散形花序
花弁の数 ? 5
花の色 ?
実の色 ? その他
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ? 挿木
日照条件 ? 日向、半日陰
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐寒性、耐暑性
用途適性 ? トピアリー、公園・庭園、壁面緑化、ベランダ、ハンギングバスケット
病害 ? すす病、炭そ病
虫害 ? アブラムシ、カイガラムシ
日本花き取引コード ? 54434
検索サイトの検索キー ? キヅタ