難を転じるnew1月の過去記事インスタ

トベラ

トベラ科 トベラ属

Pittosporum tobira

〔基本情報〕海の近くにはえる高さ2~3mの常緑低木。
雌雄異株です。
よく枝分かれして広がります。
葉は互生する単葉で、枝先に集まってつきます。
葉は長さ5~14cm、幅1.5~3cmの狭倒卵形で、先はまるく、基部が次第に狭まって葉柄に続きます。
葉の縁は全縁で、やや内に巻いて葉全体が反っています。
葉には光沢があります。
枝先に集散花序を出し、多数の花をつけます。
花は径2cmほどの5弁花で香りがあり、はじめ白色ですが、咲き進むにつれ黄色くなります。
果実は径1.5cmほどの球形の蒴果で黄色く熟すと3裂し、赤い粘り気のある種子が多数出てきます。

〔利用〕節分にイワシの頭などとともに魔よけとして戸口に掲げられたため扉の木と呼ばれ、これがなまってトベラという名になったとされます。

〔栽培〕増殖は実生によります。
日当たりがよく水はけと水保ちがよい場所を好み、乾燥を嫌います。
栽培は容易ですが、暖地性の植物なので寒冷地には向きません。
名前 トベラ 、トビラノキ
Japanese pittosporum、Australian laurel、mock orange
花咲く季節 ? 4月、5月、6月
実のなる季節 ? 11月、12月
分布または原産地 ? 日本(本州:岩手県・新潟県以南、四国、九州、南西諸島)、朝鮮南部
生活型 ? 低木
常緑・落葉 ? 常緑
広葉・針葉 ? 広葉
生活様式 ? 地生
植え付け(または播種)季節 ? 4月、5月
形状 ? 分枝
草丈・樹高 ? 2000〜3000mm
葉の形 ? 単葉(不分裂葉)
葉の生え方 ? 互生
縁の形 ? 全縁
花のつき方 ? 集散花序
花弁の数 ? 5
花の色 ? 黄、白
花径 ? 20mm
実の色 ?
葉の色 ?
種苗の入手難易度 ?
種苗の入手形態 ?
繁殖方法 ?
日照条件 ? 日向
水分の必要性 ? 普通、湿潤
土の必要性 ? 必要
耐候性 ? 耐暑性、耐潮性
用途適性 ? 盆栽、生垣、公園・庭園、街路樹、屋上緑化、ベランダ
虫害 ? アブラムシ、カイガラムシ
物日の関わり ? 節分
日本花き取引コード ? 19284
検索サイトの検索キー ? トベラ